ネタバレ

事故物件×留学生-四畳半の不可思議な情事- 4話あらすじネタバレ&無料立ち読み

投稿日:

 

 

『事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~』をネタバレしちゃいます!

 

 

 前回はコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

 

 

あの夜のとても不思議なことが起こってからは、その不思議なことが当たり前のように起こるようになりました。

 

 

そして、サーニャはそれを楽しみにしています。

 

家事をこなす彼女でしたが、そこに不思議な何かがやって来ました。

 

 

サーニャのおっぱいのてっぺん、つまり乳首がいじられちゃってます。

 

 

もうそれはコリコリになっていました。

 

 

やはりですが、サーニャは感じてしまいます。

 

 

洗濯物を干している最中にそんな・・・

 

 

そういうふうなことを彼女は言います。

 

 

ざっと聞いただけならば嫌がっているような言葉です。

 

 

けれど、彼女の本心はそうではなさそうでした。

 

 

「そんなに したら また ほしく」

 

 

サーニャは欲しいのです。

 

 

その証拠に着ているセーターを自分から捲り上げるようにしていました。

 

トイレにいても同じようなことが起きます。

 

 

普通の時とは正反対の向きにサーニャは座っていました。

 

 

彼女は背後からオマ〇コに挿入されていましたが、

 

 

次にはお尻の穴にも入れられたのです。

 

 

何かに自分のカラダがどんどんと開発されていくサーニャは敏感過ぎになっていて、もうたまりません。

 

 

彼女はお尻も気持ちよくなることを覚えさせられてしまいました。

 

 

そして、自分が淫乱になっていくことをわかってしまったようです。

 

 

濡れ濡れになっている自分の気持ちいい場所がどんどんと攻められています。

 

 

オマ〇コが震えに震えてそれに釣られるようにサーニャは快感に呑み込まれていくのです。

 

 

ついにサーニャの中に差し込まれている何かが、何かを噴き出します。

 

 

それと同時に彼女は天に昇る気分になってしまいました。

 

昇天したサーニャはオマ〇コから、何かが出したものを溢れさせているのです。

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

 

 

別の日、サーニャは料理中です。

 

 

彼女を気持ちよくさせる何かはどうやらオバケか幽霊らしいのですが、

 

 

今日は出てこないのかなとサーニャが思い始めた時に出てきたのです。

 

その幽霊らしいものは手際が良過ぎでした。

 

 

ミニスカートを捲ってしまうと瞬く間に彼女のパンツをずらしてしまっています。

 

 

驚くサーニャでしたが、もう彼女は入れられていました。

 

 

へなへなと体勢を崩す彼女に幽霊は気持ちいいことをするのです。

 

 

足を大きく広げたままサーニャは「気持ちいい」とそれをただただ受け入れます。

 

その後は幽霊にされるがままのサーニャでした。

 

 

イチバン奥に来ることや、

 

 

タップリ出すことを、

 

 

彼女は幽霊に何度も何度も求めちゃうのです。

 

 

ここでもサーニャは自分のナカで幽霊にイかれ、自分もイッてしまいました。

 

 

感想

 

 

前までのお話でオバケか幽霊なんだろうなって思ってましたけど、

 

 

今回のあたりでやっぱり幽霊みたいなものがいると

 

 

わかるようになってきましたね。

 

最初から最後まで一言もしゃべらずにエッチしてくれる男の人・・・

 

 

そんなような感じです。

 

 

気持ちよくしてくれるなら、

 

 

言葉なんて無くてもいいのかな・・・

 

 

なぁんて思っちゃったりもしてます。

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

【無料試し読みはコチラ】

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 

BookLiveコミック【AC】【AC】事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~※スマホ専用

 

-ネタバレ

Copyright© 事故物件×留学生~四畳半の不可思議な情事~ ネタバレ超考察サイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.