ネタバレ

ゲームのターン待ちしてたらそのまま寝ちゃった子に…5話完全ネタバレ

投稿日:



 

 前回はコチラ 

 

 

 

「無料試し読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

 

あらすじネタバレ

 

春菜の中に発射してしまったお兄ちゃん。

バレたらまずいと思いながら、ティッシュで拭きとりました。

しかし、数分経過すると、春菜のあそこはまたしても水浸し状態になっていることに気づきました。

 

「あれっ、春菜、感じているのかな?まだ物足りないのか?」

 

そう思ったお兄ちゃんは、春菜にアイマスクを装着させながら、ローターで攻め始めることになしました。

くちゅくちゅっといやらしい音が室内に響き渡りました。

 

「あっ、あっ、あぁぁぁぁ~」

同時に春菜の喘ぎ声もこだましました。

口が開いたので、春菜の口の中に自分のモノを押し込みくわえさせるお兄ちゃん。

 

「春菜気持ちよさそうだな。こっちもよろしく~」

フェラをしながら、あそこはバイブで攻め立てられる春菜。

次第にシックスナインの体位になりました。

 

お兄ちゃんは春菜のお尻を堪能し始めました。

「春菜いいケツしているなぁ~」

春菜のお尻に入れたビーズが1個づつ噴き出してきました。

 

全部吹き出すのが早いか、自分が発射するのが早いか、競争するゲームを考え始めました。

「よし、勝負だ、春菜、負けないからなぁ~」

当然春菜は眠ったままなので、反応がありません。

 

お兄ちゃんは激しく腰を振り始めました。

「んっ、んんっ~」

悶える春菜をしり目に、お兄ちゃんはさらに攻撃を仕掛けます。

「どうだ、春菜、これでも食らえ~」

 

渾身の力を込めて腰を振り続けました。

春菜のあそこにはローターが装着されていたので、ぴちゃぴちゃ言わせながら

 

「ああっ」

と、大量のおしっこを吹きだしました。

起きている状態だったら、春菜はどんな反応をしただろうか、と思いながら

 

さらに攻撃を続けました。

春菜が快感を感じている姿を見た瞬間

お兄ちゃんは思わず春菜の口の中に発射してしまいました。

 

「あっ、やべぇ~、負けちまったぁ~」

自分で考えたゲームに負けるお兄ちゃん、情けない姿をしていると思ったその矢先、

ついに春菜は目を覚ましたようでした。

 

今後の展開はどうなることやら…

 

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料試し読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡



 

 

-ネタバレ

Copyright© ゲームのターン待ちしてたらそのまま寝ちゃった子に…超考察サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.