チンジャオ娘最新作

【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませた3話ネタバレ

投稿日:

 

 前回はコチラ 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

風邪を引いてしまった田中は家にとじ込もっていると、ピンポーンと来客があり、ふらふらになりながらへといきした。

 

喧嘩している彼女かなと淡い期待もありながら、そこに立っていたのセフレとなった行き遅れの上司です。

 

「ろくなもの食べてない」とキッチンを見て哀れむ上司は手早くお粥を作ってあげるのでした。

 

優しく田中を起こす上司をよそに田中は作ってもらったお粥にむしゃぶりつき、「うまい、なんだこれ」と感動するのでした。

 

ガツガツ食べた田中が噎せると、優しく声をかける上司。田中はシュンとして休んでいることを謝るのでした。

 

上司はいつになく弱気な田中を見て気弱になっているのかなと、「治すことだけ考えなさい」と言い、他に何かして欲しいことはない?と訊ねてきます。それならと、田中は上司のおっぱいを求めるのです。

 

風邪を引いてから抜いていないという田中は大きな行き遅れの上司のおっぱいに食らいつくと、チューチュー音をたてて堪能し始めます。

 

勃起した性器はチョコチョコ、シコシコとリズミカルに上司にしごいてもらい、添い寝をしながらおっぱいを擦り付け「赤ちゃんみたい」と上司は微笑ましそうに呟くのです。

 

「ほら早く出しちゃいなさい」と更に刺激を強めると、ビュルルルルっと、溜まっていた精液が飛び出してきます。

 

しかし、それだけでは田中は収まらないのです。

 

ペタペタンという肌がぶつかり合う音と荒々しい呼吸が響きます。

 

寝ている田中に上司はおっぱいを振りかざして股がり、「私が動いてあげる」と上司は腰を動かします。

 

「我慢できなくなったら好きなときにだしない」と喘ぎ声を交えながら優しく語りかけ、おっぱいを堪能させながらたんたんと性器の出し入れを繰り返す上司を下から見上げる田中は安心感に包まれていき、上司にのなかにビュッビュッと射精をしてしまうのです。

 

「沢村さん!」と名前を呼びながらの豪快な射精。部屋には二人の荒々しい吐息が充満するのでした。

 

 続きはコチラ 

 

 

 

「無料立ち読み」はコチラ

↓   ↓   ↓

ガマンは、カラダに禁物♡

 



 

-チンジャオ娘最新作

Copyright© 【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたチンジャオ娘×すぺしゃるじー超考察サイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.